スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


突然の変化なんだろうか…

ひなちゃんの絵にびっくりした
最近クラシックを流しながら料理をするのがお気に入りで、子供たちはブロックやお絵描きなどそれぞれ好きなことをして遊んでくれている
今日は、はるちゃんは庭で砂遊びをしていて、ひなちゃんは文字の練習をした後、お絵描きをしはじめた。

夕飯ができるまで、黙々と画用紙に向かっていたけど、ついに完成!

はじめての虹の絵
綺麗な色合いやバランスの良さに感動!
ばか親並に大絶賛!

虹の絵には回復の意味があったりするけど、彼の中で何かが、ふっきれたり解決したのかなって思う

最近いろんなことで自信につながっていると思うから、そういうことなのかも。

本当に素敵な絵で見てると穏やかになれるし癒される。

このサイズのフレームがないから、フレーム買って目立つ場所に飾ってあげよ。

スポンサーサイト

豚キャベ丼


毎日の献立には悩まされる~

頂き物の茄子を使った料理
昨日は茄子の温泉卵丼だったから、今日は焼き茄子で手を打とう

でも今日も簡単丼にしました

仕事場の先輩から教えていただいたレシピをアレンジして、その名も豚キャベ丼!

キャベツ、ピーマンを塩胡椒で炒める
豚バラを焼き、醤油、みりん、さとう、しょうがで味をつける
ご飯の上に野菜、豚バラの順番にのせて出来上がり♪

簡単で美味しくて、家族に好評でした(*^_^*)

今夜のメニュー
豚キャベ丼
焼き茄子
冷奴

これで料理と呼べるのか…?

ごちそうさまでした。

茄子と温泉卵丼


頂き物の茄子をメインで食べたかったので、茄子と温泉卵丼を作ってみました。
茄子は片栗粉をつけて揚げます。
たれは醤油とみりんで甘辛くし、ぐつぐつしたら茄子を入れ味をからませます。
ご飯に茄子と温泉卵、万能ネギをちらして出来上がり♪

今日のメニューは
茄子と温泉卵丼
かぼちゃの煮物
ゴーヤチャンプル
イカゲソ唐揚げ

穂掛祭

昨夜は近所のお祭りがありました。
家から歩いていけるので楽です。
たらたらと歩いていると、御神酒(かな?)をやたらと勧められ、微酔い気分に。
旦那さんは、出会った友達からビールを頂き嬉しそう。
日本酒は飲めるけど、冷えてないと美味しくないと贅沢言っていました。
子供たちも、くじをやったり出店を楽しんで、保育所のお友達に出会ってチャンバラをして楽しそうでした。
まだまだ日中は真夏のようだけど、お祭りはあと一つで終わります。
夏の終わりです。

モニター体験


9月のイベントに向けて準備をするなか、今日は斐川の古民家サロンにて、モニター体験をしていただきました♪

はじめてお会いしたお二人ですが、とても素敵な方で自分の目標や考え方もしっかりと持たれていたので、私も元気をいただきました。
お二人とも充実されているようで、曼陀羅もとても綺麗!
優しいカラーでふんわりした雰囲気そのままを表しているようでしたね。

もともと色がお好きな方だったので、自然に楽しんでいただけたみたいで、嬉しかったです。

イベントに一緒に参加するセラピストさんも合わせ四人での談話がとても楽しかったです。

色々な話が聞けて、私自身も得るものが多かったです。

素敵なご縁に感謝です。
素敵な輪が広がっていったらいいな(*^_^*)
お忙しい中、ありがとうございました。

シルバー・スカイ


曇り空にも味がある
光が雲の後ろに隠れ
精一杯に主張する
我が我がと争っていたものたちが
共鳴するかのように互いを引き立て輝きだす

空高く


たかく
たかく
手を伸ばして

「手のなかの空」展

オフ日を有効に使えた一日

午前中はピラティス・ヨガやストレッチ的な運動を
午後からは何も予定を入れていなかったけど
島根県立美術館で開催されている奈良原一高氏の「手のなかの空」展が気になっていたので
行ってみることにした

まず今、写真に興味があったことと、「手のなかの空」というタイトルに心を惹かれ
奈良原一高氏がどのような世界を映し出しているのか興味が湧いた。
実はこの方、松江高校出身なのだそうです。

感想・・・・恐怖にも似た世界
リアリズムで人間臭さがあり、モノクロなのが更に際立たせるのか
人間の「ありのまま」の感情や姿を映し出していた

正直、途中で観覧するのを投げ出そうかと思ったほど
彼の写真には強烈な何かを感じた
はじめのころは、ギラギラとした情熱や人間臭さが
モノクロだけでなくカラー写真もあったんだけど
彼の作品はマジシャンかと思うほど、不思議な像が刻まれている

とても真似できない、彼だけの世界がそこにはあった

実を言うと、落ち着いて(?)見れたのが最終章8章の「空/天/円」である
丁度、自分自身が空を撮ったり描いたりしているせいか、他の人の描くものが気になる

彼の空はマンダラのような作品で、とても神秘的で心を奪われた
円の中に映す作品も

この頃、彼は闘病生活をしていて死を覚悟していたらしい
だからなのか・・・・興味深い作品だった

あと「やられた~っ!!」って頭を抱えたくなった作品が2点
今、描きたい構図が何点か浮かんでいたんだけど、その中の二つが奈良原氏の作品と似ていたので悔しくなった
でも、嬉しくなった
絶対描いてみたいって気になった

自分とはまるで感性の違う作品で真似ることなど到底できないけど
ものすごく刺激を受けた

余談になっちゃいますが、
佐野志郎写真展「あなたがいるから僕がいる」
りす写友会写真展「しゃしんわ」
ギャラリーが開催されていました

りす写友会の一人(名前を覚えていませんっ)の作品に心を奪われた
この作者は人間が好きなんだろうなぁ、優しい人なんだろうなぁって思わせる優しい写真
見てるこっちも優しい気持ちになれる作品

今の自分には撮れないだろうけど、人を癒してあげたり、なぐさめてあげれたり、ほっとするような作品がつくれるようになりたいな

良いものに出会えて、すごく勉強になりました

夕方の空




夕日に染まり色づく空模様
雲に抱かれているのか
空に抱かれているのか
優しい色にほっと溜息がもれる
今日も一日アリガトウ
明日もまた

未開花




願いが未だ叶うことなく
羨ましさと寂しさが混ざり合う
ただ 祈りつづけることしか
ボクにはできない

天に届く橋




カテゴリーにギャラリーを加えてみた
画像にタイトルつけるの難しいなぁ
ナンバリングっていうのもなんだし・・・・
まぁ、とりあえず(?)

お子様プレート


今夜のメニュー
・オムライス
・かぼちゃとベーコンのマヨ焼き
・ミルクスープ

オムライスは子供が喜ぶメニューだけど、案外時間がかかる…
仕事から帰った後の時間のないときには向かないメニューだと思いましたね。

前に上にのせる卵をレンジで作る時短テクをテレビで紹介してたけど、あれってどうなんだろ。
時短でしかも上手にできるのかな~

映し出すモノ


絵の具の白と黒を早速買ってきました~

けど、また違うものを描きたくなったので改めて仕切り直しです

自分の思い描く風景(心象絵画)を描くスキルがないので、なかなか紙に向かえず、出した決断がフォトでした。

なので最近カメラでパシャパシャやってましたが、やっぱり自分の頭の中に描くモノがあるわけです。
それを表現できない限り、ずっと心の葛藤は続くのかもしれないと思いました。

よく子供に言い聞かせています。
「はじめは出来なくても、へこたれず挑戦することで出来るようになるし、更に上手になるんだよ。」

子供に言い聞かせてるようで、その言葉は自分へ返ってきたようです。

そのとおり、失敗は成功のもと。
初期作品はへたっぴでいいじゃないか、後々笑えるほど自分で納得できるものが描けるようになれば。

というわけで、かなり雑でへたですが、描いてみました。

いらない紙に練習に空を描いたんですが、練習の空の方が上手にできてました(汗)
これが、今の私の力です。

まずはデッサン頑張ろ

心に浮かぶ風景を映し出せるようになるのはいつになるのかしら…

Mラバ 嵐スペシャル

昨日のMラバ最高!!
危うく見逃すとこでしたが、教えてもらったので助かりました(>_<)アリガトぉ

嵐スペシャルでMラバライブ!

「movin'on」や「リフレイン」はアルバムの中でも注目してて、振り付けが気になってたのが見れて超幸せ~
「リフレイン」のはじめは大野くんからで曲のイメージがビンゴだったので、本人の歌ってる姿見れて、さらに好きになりました。

「Troublemaker」の最後に大野くんだけ入れてもらえなくて、かわいそうだったけど、嵐らしい仲良しな雰囲気が伝わってきますね。
ライブでもあんな感じですよね。

トークもつぼだったんですが

仕事で失敗して落ち込む女性に一言

大野くんの一言サイコーでしたよね。

ひとつひとつ、丁寧に言葉を選んでる様子にまず、じーんときました。
面白おかしく言うことだって出来るのに、まるで隣に悩んでる子がいるかのように真面目に言葉選んでましたね。
最後に真面目な自分にはたと気付き、大野くんならではのユーモアでしめくくりましたが、すごく癒された。
前に某雑誌に「頑張ってる子に頑張ってって言えないな~」って言ってたときも感動してたけど。

ニノや相葉ちゃんが話をただ聞いてもらいたいときに大野くんを選ぶ理由がよく分かります。

大野くんの言葉や雰囲気は彼の心からの優しさが、まわりをふわっと包み込むんですよね。
誠実さや優しさがブラウン管通しても伝わりました。

本当に素敵な人だ


黒木メイサさんも言ってたみたいに、バラエティと全然違うってコメントがあったけど、ライブはもっともっとかっこよく、バラエティとのギャップがあって、すごく魅力的!

多面的な魅力をもってるから、ファンのハートを掴んで離さないんだろうなぁ。

Mラバ ありがとう
大野くん ありがとう

幸せの数を数えよう

着眼点次第で人は幸にも不幸にもなれる

今日はそんな話をしていました

私たちは、特に日本人はマイナス点を探す特徴を持っているのだそうです
奥ゆかしい日本人のルーツなのかもしれませんが…

よく聞く例えですが
グラスに半分水が入っています。
それを見てどう捉えますか?
「半分も入っている」
「半分しか入ってない」
後者のように思うことが当たり前に物事を捉えているなら、それは足りないことへの関心が強い傾向があると言えるでしょう。

不満に陥れている原因は、満足するものが手に入らないことではなく、手にしていることに意識を向けられないでいること。

何に焦点をあてるかで今ある世界観が変わっていきます。


分かっているけど、なかなか心のクセは変えにくいのが現実ですが、私も意識して幸福の数を数えていこうと思います。

フィンガーペインティングならず…

以前絵を習っていたときに持っていた道具一式を実家から持って帰ってきました。
今、描きたい絵が二つ浮かんでいて、ここ二ヵ月描きたいなぁとくすぶっていました。
部屋が汚れたら嫌だなぁ
片付け大変かなぁ
という理由からなかなか描かなかったんですが、心を決め新聞紙を引き、万全の準備でとりかかったのですが…

残念ながら白と黒の絵の具が出なくて予想外のトラブルに出鼻を挫かれました。
それでも少しやってみたけど、やっぱり白と黒が重要だったので挫折しました。

今度がいつになるのか分かりませんが…もし出来上がったらアップしたいです。

フィンガーペインティングというのは、名前通り指を使って思うままに白いキャンパスに色を塗っていくものです。
解放感や達成感が得られ、癒しや発見につながります。
少しでやめてしまったけど…結局は今、自分に自信が足りないのかもしれないな。

曼陀羅塗り絵でも黄色が多かったので、つまりそういことなのかな。

黄色を選ぶとき…
そのカラーのメッセージには、希望、喜び、知的好奇心や個性の主張、認められたいなどの意味があります。
また神経質、情緒不安定、未熟、騒々しいなどのマイナスの意味も含まれます。

色はとても正確に心を表現します。

優しい声に包まれて

嵐のアルバム「僕の見ている風景」最高です(>_<)
(残念ながら通常版ですが)

大野くんのソロ曲「静かな夜に」最高です
声が甘くて優しくて切なくて・・・
コンサートでどんな風に歌ったりダンスしたりするんだろう?
こんなに引き込まれる歌を歌える人はそうそういないと思う

毎日毎日何度も聞いてるけど、毎回クリアになる
聞いていて心地いいし、癒される

♪月は君を映し出して 白く輝く♪
のところなんて綺麗すぎて涙がでそうになる
時がとまる

大抵好きな歌っていうのは聞きながら歌ってしまうんだけど
大野くんの歌だけは(ソロ曲もパート部分も)聞きいってしまって歌わない・・というか歌えない?

アルバム良かった~
他のファンの方のコメントで悪い評価もあったから、内心ドキドキしながら聞いたけど、大人っぽくなってる嵐が聞けて嬉しかったよ。
ニノの作詞作曲にも感動した
メンバーそれぞれのソロ曲は、個性がちゃんと生かされてて嵐らしいなぁって思った
シックで大人っぽい曲が多かったけど、素敵だったよ
ただ、これらをコンサートでは?って考えると行きたくてたまらなくなるんだけど・・・
コンサートのDVDが出て私が見れるのは、まだまだ先なのが寂しいです(涙)

大野さんネタを少し自制していたんですが、本当は毎日DVD見てるしCD聞いて癒されてます!!
VS嵐も最高でした♪

とにかく大野くんも嵐のメンバーも怪我がないよう、熱中症にならないよう、病気にならないよう、この暑さを乗り切ってください!!
応援してます(>_<)

パワーアップの日

先日のブログでパワーダウンしたら必ず出会う友人がいると書きましたが
今日はその友人と会う日でした
なかなか思うように事が運ばない時に出会うと、話しているうちに物事を悟ったり学んだり反省したりしながらモヤモヤが解消され、新たなパワーがみなぎってくるような気がします
今日もそんな感じで
友人の話を聞いたり、自分の近況報告をしたりしている間に
最近あった出来事で、どうしても自分の気持ちを表現できない事があったけど「こういうことなのかも」とふと気付かされて、頭の中や心の中にフワーっと新鮮な色が広がるような体験をしました
私も気付いたことを素直に打ち明けると、なぜか悲しくもないのに涙がでてきたり・・・
友人も別に自分のことじゃないのに一緒に涙がでてきたり・・・

彼女とはつながっているんだという、幸福感につつまれたような気がします

この年で自分を理解し、叱咤激励を受けられ、心を分かってもらえる存在がいることが、本当にありがたいことだなぁと思います。
相変わらず支えられてばかりで、いつもパワーをもらってばかりです。
本当にありがとうございます。


9月のイベントの構想が大分固まってきました♪

9月11日(土)12日(日)
米子コンベンションセンターにて
夢創フェスティバル


10色~toiro~も参加させていただきます♪
内容は「ぬりえセラピー」
自分の必要な色を使ってオリジナルマンダラポストカードをつくりましょう


まだまだ、色々と考えていかないといけないけど
資料作りにとりかかりつつあります

また詳細が分かりましたらお知らせします(*^_^*)

曼陀羅


どうも不安定な気がする…
イベントの準備に取り掛からないといけないのに、思うように捗らないせいか

次男に手が掛かるからか

暑さのせいか

本やテレビや音楽でリフレッシュしようと思ったけど、結局気が向かない

イベント用に使う曼陀羅ぬりえのモニターを私自身で塗ってみることにしました

バックミュージックを聞きながら、塗った二枚は明るめで、夜に塗った二枚は求めるものがあからさまになってしまいました。
最後の一枚はきつくて投げ出しました。

結局のところ、曼陀羅ぬりえからのメッセージは、情緒不安定、疲れ、愛情不足、内向的、孤独
こんなところでしょうか。

パワーダウンすると、必ずと言っていいほど、会う友人ががいます。
たまたま明後日会う約束をしていたのですが、偶然ではなく必然なんでしょうね。

きっとそこでパワーアップできると思います。

目をとめれば

お盆さんに入り、今日は仕事もオフなのでお墓参りに行ってきました。
曇り空なので助かった~と思ったら、結局汗だく…
来年からは墓参りには着替えも準備しなきゃ


お寺さんに咲いていたお花がとても色鮮やかで見とれてしまいました。
お寺さんとか割と好きな場所だったりします
特にお盆さんは生きものが妙に他の命を宿しているかのような神秘的な気持ちになったりして。
よく昔の人が言ってませんでした?
「お盆さんにはご先祖様が違う形で帰ってこられるから殺生はいけないよ」って

私はその言葉を信じているし、逆にその時に出会える生きものに愛しさを感じます。

今日もとかげ、とんぼ、蝶…などなど
おかえりなさい

実家の墓参りの途中には、夕顔が塀の間から可愛らしく主張していたので、撮ってみました。

見たことない色合いでしたね。


そして、今年初の花火祭りに行ってきました!
松江の水郷祭は、次男のハルちゃんが熱があったので行けなかったので、安来の月の輪には行けたらいいなぁって思っていました。
実は水郷祭より好きだったりします。
今年は「ゲゲゲの女房」効果か高速無料化の効果もあったからか、去年より人が多く県外ナンバーも多く見られました。

ハルちゃんは去年は花火が恐くてパパにしがみついてたのに、今年は大喜びで効果音つきで見てました♪

これで秋が近づいたような気がします。
和鋼博物館のライトが幻想的な夏の夜を演出していました。
夜の映像は難しい(^o^;

みんなでつくるカフェ

今日は美味しい画像をお送りします♪
松江市にあるSKプラザでは「みんなでつくるカフェ」という日替わりオーナーのカフェがあるんです。
面白い試みだなぁと興味はあったものの、なかなか行けずにいましたが
今日は友達と3人で行ってきました♪
本日のみんなでつくるカフェのお店はmame cafeさん
一緒に行ったお友達の知り合いの方だと聞いてびっくりしました

大豆をたっぷりと使ったランチとスイーツを頂いてきました
本日のランチメニューはおむすびランチ
・2種の五穀米むすび
・チキンと枝豆の豆乳オムレツ
・なすとピーマンのトマト味噌マリネ
・豆腐とミンチのレタススープ
・コーヒー
・豆乳入りコーヒーゼリー



サービスでつけていただいた、かぼちゃのマリネが美味しくて感動しました♪
ポリポリ食べれて、お酢もきいてさっぱりと頂けましたよ。
全体的に栄養はもちろん味付けもバランスが良くて、すっごく満足でした。
豆乳オムレツはふわふわで、家でも作ってみようかな


居心地の良い雰囲気に、ず~っと話していましたね~
同級生なので話もはずむし、それぞれの個性があるので話も面白い
オープン11時から入店して、結局14時まで居ました(笑)
さすがに、ランチでこんなに長居は申し訳ないので思い切って(?)スイーツも注文!
こちらも健康的なスイーツなので、なんだか安心して食べれましたね。
・きなこロール
・黒ゴマミルク(あ~名前忘れた!!)
きなこロール最高に美味しかったです!
こんなの作れたらいいのにぃぃぃ。お菓子作りはとことん苦手なので頂くしかない。
黒ゴマミルクもすごく飲みやすかったです。



久しぶりに友達とカフェできて、話もたっぷりできて楽しかった~♪

また「みんなでつくるカフェ」行きたいなぁ

のどかな風景


今日は仕事ハードだったな~暑かったし
でも頑張った!
私、よくやった!

家から職場も保育所も近くてありがたいんだけど、オンオフの切り替えがうまくいかなくて、子供を迎えにいっても忙しなかったりしていました。

最近、ちょっと、ほんのちょっとだけど自分の中で変化があるようです。

踏み切りで待ってる間、いい空だなぁとパシャリ

こっちも穏やかな空だなぁとパシャリ

この花とのバランスいいなぁとパシャリ

こんな風に気持ちのいい風景を探すようになりました。
そうしているうちにオフになっているみたいで穏やかになっていきます。

空の力 絶大です

今日の画像は、なんでもない風景だけど、見上げた感じが懐かしさを思い出し、のどかだなぁって気分にさせてくれました。

今日も元気をくれてありがとう。

元気にしてくれるモノ

毎日暑いですね~
肌も弱いので夏でもあまり汗をかかない生活を送っていましたが、今年は汗だくです。
熱中症には気を付けましょう!

さて、夏が苦手な私ですが、元気にしてくれるモノがあります。季節問わずですが…

最近では大野くんが私のパワーの源だったりしますが、小さい頃から元気をもらってるって感じるのが「空」です。
朝日の昇る空から夕日が沈む空まで全部大好きなんですが、夏の日の青空はとても綺麗です。
青空と白い雲のコントラストがはっきりしていて綺麗なんですよね~
ずっと眺めていられます。
最近、空見上げてますか?

茄子の簡単グラタン風


昨日、仲良しママから採れたて野菜を頂きました。
ゴーヤ・トマト・茄子・オクラ
いつも上手に作られていて、おすそわけに大感謝です。

今夜は頂きものを使ったメニューにしました。
・ゴーヤチャンプル
・茄子の簡単グラタン風
・冷奴
・千切り野菜のスープ

画像は茄子の簡単グラタン風です。
作り方は簡単!
①茄子を1センチ幅に縦に切り素揚げをする
②ベーコンは適当な大きさに切る
③グラタン皿に茄子を引き、ベーコンをのせる。マヨネーズを適度にかけチーズをかけます。ミニトマトを飾りにのせオーブンで5分。チーズに焦げ目がついたら出来上がり。

料理と言っていいか分からないほど簡単でレシピを載せるのも恥ずかしいくらいですが、簡単なのに美味しいです。
子供たちにも絶賛でした♪
野菜嫌いのハルちゃんも、おかわりしてくれました。

今日はみんなでプールいってきました。
痩せたらプールに行こうと思っていたけど、一向に痩せないので諦めました。
久しぶりのプール、子供たちも大きくなって面白かったです。

「いろいろ いろんな日」


絵本の紹介です。
久々にセラピーらしく、色に関する本。
「いろいろ いろんな日」はまさにカラーセラピーの絵本。
作者はカラーセラピストだとは書いていなかったけどね。

絵本なので単純に色と心が交差していく絵で進行していきます。
私自身としては、この色のときは、こんな気分という記載自体には賛成できない。
というのも、色彩心理としてこの色にはこんな感情が秘められているというものが確かに存在するんだけど、結局は人それぞれの感じ方があって、「青」だけをとらえても、十人十色の感じ方があると思うんです。

専門書ならいいんですけど子供が見る絵本てして、洗脳されてしまわないか心配な部分なわけです。

作者のとらえ方が、そのまま子供に移ってしまうんじゃないかと。

だから図書館で借りたものの、私の勉強のために借りて子供の読み聞かせには控えていました。

でも、その本をみつけて「これ読んで」というので読み聞かせてあげました。

思いのほか、作者の思想にとらわれない独自の発想が聞けたので驚きました。

絵本ではこう言ってるけどボクはこんな感じ!

どちらかといえば息子たちは受け身的な考え方をする子だと思っていたので、意外性も見れたし、色のとらえ方も自然にやってくれたので嬉しかったです。

結局は自分が一番先入観にとらわれた見ているのかもと反省しました。

じ~んとくる絵本


先日、図書館で本を借りた中の二冊を紹介します。

まず「孝行手首」大島妙子作
ジャンルは落語風絵本
落語絵本ってオチが子供には多少分かりづらいのですが、言い回しやテンポが好きで、よく読み聞かせをしてあげています。
タイトルや表紙で決めるので中身は見ずに借りてきます。
コレは話が長いことなどから微妙な選択でしたが、親になった人には分かる切なさや感動の話です。
子供には難しかったかな。

あ…おすすめしようと思って書いていたんだけど…対象年令が高かったかな。
でも、子供の目線で「なんでだろ?」って沢山考えれる絵本だと思います。


次に「まいごのどんぐり」松成真理子作
じ~んとくる絵本です。
ゆっくりとした時の流れや主人公の視点から描かれる情景に引き込まれずにはいられません。
最近読んだ絵本の中で一番だと思います。
絵本にしておくのが勿体ないとまで思いました。
読みながら、言いようのない切なさが込み上げて、声が震えないよう、涙が零れないよう堪えながら読み聞かせをしました。

子供たちにはどう感じたんだろう。
時の流れや優しさや、成長していく命が感じられたんだろうか。

じんとくる話、これからも見つけていきたいな。

トマトとシソのコラボ


料理は大して好きなわけではないけど、料理を飾り付けるのは好き。

今日のメニューはトマトの薄切りにシソをしき、豚肉の胡麻炒めをのっけます。
ちっとも大した料理じゃないのに、お洒落に見えるでしょ?

トマトの赤に緑色を添えるだけでお皿の上は華やかになります♪

夏の食事

よく「夏痩せする」って聞くけど、四季問わず食欲が落ちません。
元気な私。

自分が食欲なかったら食卓も変わってくるんだろうな~

昨夜のメニュー
・茄子とつくねの照り焼き・揚げたし豆腐
・揚げ茄子のポン酢かけ
・ひじきの煮物



最近はまっている、ポン酢と胡麻油のあわせ調味料は万能ですね。
揚げだし豆腐や揚げ茄子にも相性良くって、さっぱりと食べやすかったです。

ホッタラケの島

今日までハルちゃんは自宅療養でした
食欲も回復しました。少し疲れやすいかもしれませんが、明日から保育園復帰できそうです。

ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~のDVDをレンタルして見ました♪

子どもたちは勿論、大人にも見てもらいたいストーリーでした。

ホッタラケ=ほったらかし という意味なのですが、人間たちがほったらかしにしたモノたちをホッタラケの島の住民が持って行ってしまうんです。
モノにあふれかえって大事にしない現代社会にむけて・・・
過去の思い出を忘れてしまった大人へむけて・・・

大事なことを沢山教えてくれます。

子どもたちも見ながら「あれは何でだろう?」「あの子は何で泣いているの?」など興味深い質問をしてきます。
映像は私としては少し苦手なリアルアニメ(なんていうんだろう?)なんだけど、引き込まれてしまえば気にならなくなっていきました。
逆にリアル感いっぱいになって大迫力でした。

ホッタラケの島も集めたもので色々なものが作られていて、創造意欲をかきたてられたりします。


なかなか良いDVDに出会えました。
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

haruhina*

Author:haruhina*
センセーションカラーセラピスト&ティーチャーのはるひなです。

カラーを通じて、自分の心のトビラを自分自身で開いていくための方法を伝えていけたらなと思います。
今よりもっと輝けるように。

~ t o i r o ~
島根県八束郡東出雲町

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。