スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラオケ同好会

はじけましたぁ~

久しぶりに四時間半!
しかも友達と二人で。
朝から歌い尽くしてきましたよ。

子供の迎えがなかったら、ずーっといけますね。
けど選曲間違えると酸欠になってしんどかった(笑)

月一ペースでカラオケする予定♪
勝手にカラオケ同好会にしちゃいました。
只今会員募集中!!


スポンサーサイト

ヘルプ!

今朝は近所で大変なことが起こりました。

一歳の赤ちゃんが車のなかに入ってオートロックがかかってしまったのです。

赤ちゃんに鍵を持たせていて、鞄などを車内に入れた途端、手遊びをしてロックボタンを押してしまったのでしょう。

スペアや携帯や家の鍵も全て車内に。
何よりも赤ちゃんが車内に。

お母さんは半泣きになりながら、赤ちゃんの名前を呼びます。

JAFが来るまで約20分。朝は天気がよくて車内の温度もジワジワと上がっていきます。
赤ちゃんも汗をかきながら泣いています。

開けるのに手間取って、お姉ちゃんもシクシク泣きながら赤ちゃんを呼びます。

何もできず見守ることしか出来ないのは悲しいことです。

JAFが到着して約25分。
ようやく開きました。
赤ちゃんも無事です。

私も一緒になって涙が出ました。
待ってる間の、お母さんの悲痛な思いは痛いほど分かります。
自分を責めていました。

赤ちゃんが無事で本当に良かった。


様々なことを見せられた朝でした。
見届けてからの出勤だったので、疲労困憊になっていましたね。


夏は車内の事故が多発しますので、私もですが、皆様も気をつけてくださいね。

夏野菜


ハコニワ畑も夏野菜の収穫がぼちぼち始まりました。
玉ねぎの収穫は早々と終わり、ベランダに保存用で干してあります。
ジャガイモは今のところその日食べる分だけ採りました。
蒸してマヨネーズをつけて頂きましたが、ジャガイモの味が甘くて感動しました。

他にはミニトマト、しそ、レタス、ナス・・・・・
旦那さんが嬉々としてやっているので、何が植わっているのか全てを把握していません(苦笑)

今日は3個茄子が収穫できました。
玉ねぎ、人参、挽き肉と炒めましたが、焼きナスとかのほうが味が楽しめたかなぁと少し残念に思います。
でも、まだ出来そうなので楽しみです。


最近は雀たちがやってきて、可愛いけどベリーの実もイチゴも食べられてしまいました。

無農薬だから雀たちも美味しいでしょうね。

青信号

前の更新から一週間以上も経ってしまいました。
アップを楽しみにしてるよ、との声に申し訳ないやらありがたいやら。
しかも、体の心配までして頂いて・・・・・


いたって元気ですので。

結局は怠けているということになってしまうのかなぁ。
仕事のない日は学校や保育園の行事があったり、病院に行ったりと、とにかく毎日フル回転。
でも、やっぱり皆と一緒だと思うし、言い訳でしかない。
ついでの言い訳として、夜が起きれない。
眠くてしょうがない。
目の疲れもあって、コンタクトを外すと特に眠くなってしまうようです。

まぁ、そんなことで言い訳してますが、マイペースでいいかなとも思いますので、ごめんなさい。

子どもたちが心身共に健やかに落ち着いてくれているので、私自身も学ぶ意欲が薄れてしまっているのかも、と少し反省もしています。


ということで、子どもに聞かれた色の雑学で、覚えていなかったので、改めて調べたのでご紹介。

『青信号なのに何故緑色なの?』


あぁ、子供の純真無垢な疑問には感動させられちゃいます。

さぁ、何故なのか。


「赤、緑、黄色」は基本的に世界共通の交通規制の色のようです。

日本では昭和五年にはじめて信号機が登場したときには「緑」と読んでいたそうです。
しかし、「青信号」と呼ぶようになり、定着してしまいました。

これには、いくつかの由来があると推測されています。

まず、「緑」と青」 の区別を明確にしない民族であったため。
そして、心理的に「青」のほうが「進む」という指示に向いているから。


日本人が「緑」と「青」を明確にしない民族だなんて思いもしなかったけど、確かに緑の野菜を「青物」と呼びますね。「青果」とか。
これだけでも、へぇって思いますね。


今日はなんとか更新できました(苦笑)

家庭訪問

ひなちゃんの家庭訪問がありました。
一軒15分程度の持ち時間。
順番が最後だったので、40分くらい話していました。
まだまだ足りないくらい。

先生も最後だと思えば気楽なのか、互いの教育論を語りだしたり(もちろんひなちゃんの話を絡みながらですが)
どちらかと言えば、ひなちゃんの素行などは
「お兄さん的存在というか、お父さんみたいな存在です」と太鼓判を押され、あとは大人で盛り上がったみたいな。

一生懸命に生徒と向き合っている姿に、良い先生に一年生から出会えて嬉しいとお伝えしました。

真っ直ぐな人の側では真っ直ぐな人が育っ。
優しい人の側では優しい人が。
周りの人に恵まれている人は、人生において得なことです。


母「私、ほんとにしつけに厳しくて」
先生「私もかなり厳しく指導しています」
母「いやいや、私には叶わないかと・・・」
先生「いやいや、私も・・・・」

なぜか厳しさ自慢をしたり。


なんだか楽しい家庭訪問でしたね。



ひなちゃんと作ったきなこクッキーです♪




ボランティア

小学校の図書ボランティアへ行ってきました。
午前中9時~11時すぎまで学校にいました。

実は子供の通う小学校は図書に力を注いでいて、他県からも視察に来られるほど有名なのだそうです。
入学式前にそんな話を聞いていて、本大好き、図書館ラブな私としては、いったいどんな図書室なんだろうと興味津々。
ひなちゃんに聞いても規模は小さいみたいだし、特別な何かがあるのか?とどうやったら潜入調査できるだろうか・・・・なんて考えていました。

そんなときに、ボランティア要請があり、オフの午前中はやってみることにしました。
確かに、オフが無くなり時間がなくなり大変ですが、学ぶことは多かった。
面白かったです。

ちゃんとボランティアもしましたよ。
本を綺麗にしたり・・綺麗にしたり・・・・(苦笑)
途中で5年生に混じって授業もしちゃったり・・・(苦笑)

一年生の読書の仕方のコツを習ったり・・・

あれ?
私、お手伝いできてますか?って感じでしたが、先生や授業風景を見させていただいて、感動しましたね。

オフしかボランティアできないので、今月は三回ですが、勉強になるボランティアで嬉しく思います。

はやくっはやくっ!

4月からひなちゃんが小学校にあがり、今までとは違う変化にはるちゃんは着いていけていなかった。
理由は分かるのに、時間に追われ小学生のひなちゃんのフォローを第一に考えてしまったために、はるちゃんも最近はしんどかった。
突然、3歳児に戻ったのかと思う位の駄々っ子さに毎朝、毎晩悩まされ、どう修正したらいいのかしばらく思考錯誤を繰り返していた。

下手に出てみたり・・・
一人でいるときには、なるべく抱っこしてみたり・・・

私の今までに育児で学んできたのは「急成長する前には嵐がくる」ということ。
彼も色んな葛藤の中で闘い、悩み、成長するきっかけを待っている。
結局、そのきっかけが早くなる手助けをするのには、親しかいない。

理由は分かってた。
愛情不足。
お兄ちゃんばっかりって構ってほしくてたまらない。
僕だって色んな事出来るようになってるって訴えてる。


ごめん。
余裕なくて。


だからこそ、私たち親は余裕がないといけない。
余裕がないと子供のSOSに気付いてやれなかったりする。
子供の態度が親を困らせるって感じた時
どうしたんだろう?ってしっかり見てあげなくちゃ気付いてあげれない。


きっかけは何だったんだろ?
私に余裕が生まれたからかな。(一番はそこだろうけど)
きちんと気持ちをくみ取ってあげれることができたからだろうか。

「早くっ!仕事に遅れちゃうでしょっ」って言葉。
今は言うことが無くなりました。

反対に「そろそろ時間だから片付けていく準備しようね」っていうと、はっとしてパタパタお片付け。
パッと保育園リュックを背負って、帽子かぶってニコニコ笑顔で私の傍に来る。

「ママ!早く早くっ」
やったぁ~!今日も言えたぞって顔してママを見る。

「わぁ、待って待って。あれもしてこれもして・・・」
「ママ!早くっ」
「待って~」

って。


これでいいと思う。

出来ない親が丁度良い。(ちょっと、出来なさすぎだったりするけど・・・)


おへその中から

中学校からの親友が今月、出産の予定で地元に帰省しています。
地元に永住して欲しいくらい、傍にいて欲しい存在でもありますが、さすがにそんな我儘言えるはずもなく。
ただ、恋人を口説くように会うたびに、叶わぬと思いながらも口説いています。

臨月に入った彼女はもう大きなお腹。
長男に出会ったのはまだ赤ちゃんの時で、それ以来年賀状でしか見たことがなかった。
私も彼女に成長した子供たちを会わせたくて、約束をしました。

ひなちゃんもはるちゃんとは年子なため、私の妊婦姿は覚えていません。
お腹の中に赤ちゃんがいるということは、言葉では理解できてもきっとどんな感じなのかは掴めていないのだと思います。
大きなお腹を照れくさそうに、不思議そうに見ていました。

私は子供に与える絵本にはテーマがあります。
それは「命」
あなたの命はとても尊いもので、周りに居る人の命もとても尊いものだということ。
その命は限りがあり、儚くてもろく、そして強くもあるということ。
この世に生まれたのだから、懸命に大事に生きなさいという、私からのメッセージです。

「おへそのあな」という絵本は、お腹の中にいる赤ちゃんがお母さんのへその穴から外界を見ているという話です。
外には両親や兄妹、祖父母が赤ちゃんが生まれてくるのを今か今かと待っています。
生まれてきたら、こんなことをしたいねって優しい話をしています。
そんなみんなの会話を赤ちゃんは聞いて見ているのです。

ひなちゃんとはるちゃんは、彼女の大きなお腹を見て、その絵本を思い出しました。
「赤ちゃんには僕のことが見えてるのかな?」
と友達のお腹の前で手を振ってみたりします。
優しい友達も、ひなちゃんとはるちゃんに言います。
「見てるよぉ。お兄ちゃん達が見えるって言ってるよ」

きっとそう。

お腹の赤ちゃんには既に「命」がある。
その「命」は外界の優しさを感じてる。

「早く出ておいでぇ」

聞こえた?
優しく待ってるお兄ちゃんたちの声。


優しい「命」は優しい「命」を育てていく。

コメント力

毎日何かしら書きたいことはあるんですが・・・・
うーん

あっという間に夜が来て、今までなら子供が寝てからが自分の時間だったのに、
最近は仕事もPCを使うことが多いせいか、すぐに眠くなってしまうのです。
まぁ、単なる言い訳なんですけど。
容量が悪いです・・・

今日はオフなので、さほど眠くもなく思い出しながらアップしようと思います。

私も忙しいが、きっと小学生のひなちゃんはもっと忙しい。
病院に連れていく時間が土曜も取れなかったりすると、どうしても夕方になっちゃうこともあります。

先日、バイパスを運転中に久々に見たオープンカー。

「雨が降ったら傘さすのかなぁ?」
「雪が降ったら寒そうだね」
「夏は暑いだろうなぁ」

ひなちゃんはカッコいいというよりも、そんな気持ちを抱いたみたいです。

このこと自体はありがちなコメントともいえますが、相手に共感する力のあるからこそ言えるコメントだと思います。
カッコいいとか、好きとか嫌い、乗りたい、乗りたくないという自分の感情とは違う目線から物を見れるのだと思います。

私は、時々ひなちゃんの言葉に感動を覚える時があります。
深くて、純粋で、思いやりがあって、利己的な考えのないシンプルなコメント。
自然が対象だったり、生き物に対してだったり、はたまた命という重いテーマだったり。
7歳なのに驚くほどのテーマに驚かされ、感動させられます。

時として、私の方が幼く愚かだと思う時もあります。
子供から学ぶことは山のようにあり、感謝することも山のようにありますね。

人の振り見て・・・・

人の行動を見て、我が身を省みたり、模倣したりと自然にしているものですよね。
反面教師のことをあげれば、ただの悪口にでもなりそうなので、書くのは控えていますが、今日の出会いはあまりにもだったので、書いちゃおうかな。

接客業していると色んな人がいますが、基本的にあまりイメージを抱かないようにしています。

だが・・・中には強烈な印象の人がいらっしゃるわけです。
今日は特に会社のグループで来られたので、印象深かった。


セールスレディなのに。

どこにお客さんがいらっしゃるか分からないのに。


もしかしたら顧客をつかめるチャンスかもしれないのに。



とにかく乱暴な?乱暴とは違うか。
柄が悪かった・・・・

怖かった・・・・

女性としての魅力を全く感じれなかった・・・・・



自分も女らしくないから、気を付けなきゃなと、強く思いましたよ。

人の振り見て、我が身を直そう!

ありがとう
セールスレディたち。

お祝い続き

6日はひなちゃんの、続いて7日は旦那さんの誕生日です。

当人は今夜は会社の歓送迎会で昨日は二人まとめての誕生会でした。
プレゼントも昨日渡しました。

仕事場でも「誕生日なのに会社の飲み会に出ていいの?」って聞かれたらしい。
え?
私は全然オッケーだけど?
逆に2日続けて、ご馳走作らなくていいので助かりますぅ。


20人くらいが集まる歓送迎会なのだそうです。

「はじめに挨拶なんてするの?」
「たぶん、あるだろうねぇ」
「へぇ、じゃぁ、今日は僕の誕生日です。今日は僕のために、お集まりいただいて~って挨拶してきて」

何故かノルマを与える鬼嫁でした(笑)

でも、たぶん仲の良い職場だから、優しく突っ込んでくれそうかなぁ。
いや、突っ込んであげて。


面白い報告を待たせてもらおう。

6月6日

長男ひなたが7歳になりました。
毎日、学校もプールも友達との遊びも、一生懸命頑張っています。
元気に楽しんでいる姿を見れると嬉しいです。

ひなちゃんのリクエストに応えた料理になりました♪
体質改善料理もこの日ばかりは目を瞑ります。



■ねぎポン酢ハンバーグ
■マカロニサラダ
■ミネストローネ



バースデーケーキはチョコレートケーキ♪
シュークリームがのっていて、今までに見たことのないデザインに歓声がわきました。
ケーキ屋さんが知り合いだったおかげか、ひなちゃんへメッセージ付きのクッキーを頂きました。
ありがとうございます。




そして、毎年恒例のメッセージスケッチブック。
ママからひなちゃんへ。
”今”我が子を見て素晴らしいところなど書いてあります。
はるちゃんから飛び出すバースデーカードも貼ってあります。
1歳の誕生日から続くスケッチブックです。
振り返ってみんなで見ました。
はじめは絵にならない絵を描いています。
4歳くらいから、ぐんっと上手さが増していきます。
タイトルは「ぼくと、ぼくの家族」
みんな笑顔です。
今年の絵は笑顔に加えて、家族四人が手をつないでいます。
ひなちゃんの気持ちが伝わってくる絵になっています。

7歳の誕生日おめでとう。
キミはママの宝物。

気づきの時間

野菜ソムリエの友達とタロットヒーラーの友達と学びの時間を楽しみました。
お土産に頂いたのは手作りの「粟ドーナツ」
砂糖、卵、牛乳不使用のおやつです♪
ドライフルーツしか混ざっていないのに、その素材の美味しさが引き立っていました。
さすが野菜ソムリエ!
しかも、私が貧血でっていう相談メールをしたことで、体質改善と鉄分豊富な粟を使って作っていただけたということで、彼女の優しさが何より嬉しかったです。



本当に、美味しかったです。ありがとう♪


人の話を聞いていると、沢山の学びがあります。
その人の課題であっても、聞いていると自分へのメッセージも隠されている気がします。
友達との会話は自分を見つめるチャンスにもなり得る大切な時間。


勿論、タロットもさせてもらいました。
なぜか、私がタロットの先生に会える日は物事が解決した後ですっきりしている時が多く、悩みらしいものがない。
悩みがなくても、その時の私の置かれた状態というのは現れるんだよっということで、やっぱり見てもらいました。
すっきりしたカードは、私の精神状態ともリンクするとか。
自分のことをよく分かっていると褒めてもらいました。

何にもここ数カ月の私自身のことを話していないのに、カードには現れるんですよねぇ。
すごいものです。
腑に落ちるというか、あぁ、これでいいんだって安心できる場を頂きました。
私も与えてもらうばかりなので、もっと勉強してお返しできたらと思います。



一歩また成長したかしら。
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

haruhina*

Author:haruhina*
センセーションカラーセラピスト&ティーチャーのはるひなです。

カラーを通じて、自分の心のトビラを自分自身で開いていくための方法を伝えていけたらなと思います。
今よりもっと輝けるように。

~ t o i r o ~
島根県八束郡東出雲町

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。