スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登下校

登下校時の事故のニュースを見聞きする度に、肝を冷やしている親御さんは多いことでしょう。
毎朝、「いってらっしゃい、気をつけて」のやりとり。
心の中で何事もないことを祈りつつ子供たちを送りだしています。

けれど、先日登校中にひなちゃんが怪我をしました。
交通事故とかではなく、集団登校時のルール無視が原因なのかなぁ。
うちの家の周りでは登校班が何組もあり、競うように先に行こうとする班があります。
幸いにもうちの子の班長さんは去年も今年も穏やかで走ったりはあまりしてないようですが、よその班は競争して走っています。
先頭を行く班長が走れば、おのずと次に続く一年生も走らないといけない。
体の小さな一年生が不憫に思い去年も学校に注意を促したこともありました。
そして、先日。
その巻きこみを食らい、走ってきた子に背中を押され壁に激突、転倒。
掌や膝にど派手な傷を作っていました。

男の子だから、擦りキズなんて日常茶飯事で普段も騒ぎはしませんが、さすがにこれは・・・絶句。
いくら本人が気をつけようと全校生徒が気をつけなければ、防ぎようがない。
それは社会でも同じですよね。
自分一人がマナーやルールを守っても、気をつけない人が一人でもいたら、それに巻き込まれてしまうこともある。

転倒したのが車のあまり通らない小道だったことは、本当にホッとしました。
これがビュンビュン車が通る道だったらと思うと、これくらいの怪我ですんだのは幸いなのかもしれません。
次男のはるちゃんは体が小さいから、もしはるちゃんだったらもっと大けがをしていたかもしれない。

朝の全校集会でも指導をされたと聞きました。

親として、子供が怪我がなく家を出て帰宅することが、どれほど安心することなのか身にしみています。

どうか、全てのお子様が不幸な事故や怪我がありませんように。
ただ、祈るばかりです。
スポンサーサイト

バッティング

GW最終日。
家族4人での休みは今日一日のみ。
当初、みなり公園におでかけしようと思っていたけど、朝起きたら雨が降っていた!
無理だな、こりゃと二度寝しつつ、どこへ出かけようかと考える。

ずっとバッティングセンターに行きたくて、でも行けなくて提案してみました。
バッティングセンターではなく松江のホームランドームというところですが。
ここにはバッティングは勿論ピッチング、テニス、ゴルフ、バスケ、サッカーなどなど出来るところなんです。
一通り全部体験しましたが、子供たちももう少し大きくなるとスピードや重さに負けないプレーが出来るのかもしれませんね。
バッティングの超スローボール(60km)くらいかな?を私と子供たちは挑戦しました。
子供たちには早いし重いしでなかなか難しいみたいだけど、ちょっとでも当たるとやっぱり嬉しそう。

とにかく私がやりたかったことなので気合を入れてバッター席に立つ。
22球全ボール当てました♪(←ただしファールとか多いけど)
うまいのか下手なのかも分からないけど、とりあえず他の女の人がほとんど当ててないのを見ると当ててるほうなのか?と自慢気。

当てれば気分爽快♪
基本的にアウトドア派ではないし運動もしないので珍しい休日の過ごし方でした。

癒しと孝行

世の中はGWの真っただ中!
みなさんは有意義に過ごしていらっしゃるのでしょうか?
私は3,4日は仕事。
5日は旦那さんが仕事のため、我が家ではあまりGWは関係のない連休となっております。

3,4日は天気も悪く旦那さんと子供たちは家で過ごしていたらしいけど、さすがに子供の日。
どこかいつもとは違うところに連れて行ってあげたいけど、私だけの運転で遠出は無理だし・・・
そこへ、実家の母が清水寺に行く用事があるから一緒にどうだと声をかけられる。

渋い

子供の日なのに渋すぎるぞ

とは思ったけど、清水寺を思い出して子供たちを連れていくのもいいかもしれないと思い母と子供たちと行ってきました。
なんとか祭←全く覚える気ゼロ
だということでお客さんが大勢いるかと思ったけど早い時間に出かけたので普通より多いくらい?
来たのは何年ぶりだろうか。
懐かしい。
色々傷みが出てきた建物や新しく建てられたもの、そんなものたちに少し感動しつつ木々の中を歩いて行く。




ここ、大好きなんですよねぇ。
高い木々の間から木漏れ日が差し込んで、黄緑色の葉が鮮やかなんです。
まっすぐに昇っていく傾斜のある道は体力の衰えてきた母や私には、正直きついけど子供たちは嬉しそうに走っていく。
これを幸せと言わずに何と言う?
自然の美。
ここは淀みがないんだろうなぁ、などと清い空気に包まれながら登って行きました。

子供のころはよく行ってた。
病気がちだった自分を必死で祈ってくれる母の姿が思い出される。
そして、同じように我が子にも祈る時が来た。

身代わり地蔵様
「オンロケイジンバラキリソワカ」
御本殿に祭られているこちらのお地蔵様にもお世話になった←?
自分の痛み(病気)を身代わりにしてくださるんだそうです。
子供のころから祈りの詞を唱えながら母には撫でさすってもらった。
ひなちゃんもはるちゃんも今日はママとおばあちゃんに撫でさすってもらったよ。

強く元気に育つんだよ。

ひなちゃんはこの「オンロケイジンバラキリソワカ」を覚えて帰ったよ。

清水寺の滞在時間は一時間程度だったから、その後は淀江の「えんや」に行ってランチを頂きました。
かなりのボリュームでデザート食べる気満々だった子供たちも、さすがに満腹でそれでもと一つを仲良く二人で分けっこして食べました。(デザートを映すの忘れました)




道沿いの雑貨屋さん(ティンクルティンクル)を少し覗いた後は子供たちの靴を買いに靴屋さんに行き、気に行った靴をおばあちゃんに買ってもらいホクホク顔。

出来るときに出来ることをしようと思い、みんなで祖母(子供にとっては大きいばあちゃん)の入っている病院へ。
きっと母の日には動きが取れないから、カードをバッグに忍ばせていたのが正解。
しっかり渡すことができました。

このカードはまた後日アップしたいと思います。

移動しまくりで疲れたけど、4世代が出会う素晴らしい一日だったと思います。

兄弟愛

今朝のこと、洗濯物を干していると子供達の目覚まし時計が寝室から聞こえる。
長男のひなちゃんは寝起きがいいが、はるちゃんは朝に弱い。
毎朝、通学時間に間に合うのかヒヤリとさせられている。
今日は旦那さんが仕事で留守だったので私しかいないわけで、そんな日に、ぐずられようものなら大変。
耳を澄ませていると、ひなちゃんの声が。

「はるちゃん。朝だよ」
「んー」
「あのね、今日学校に行けば明日から休みだからね。がんばるか」

そしたら、もそもそとはるちゃんは起きてきた。


感動の嵐。
ひなちゃん、ママは前々から思ってたけど、すごいわ(感涙)


弟に対する励まし、慰め、優しさ。
言われなくても自然とやっちゃうんだから・・・ホレボレ
勿論、普段が全てそうかと言われたら、半分くらいは意地悪したり泣かせたりしてるけど、兄弟のあるべき姿かな。
仲良しに越したことはないけど、喧嘩で学ぶことも多いから。

二人の兄弟愛を垣間見て朝から幸せな気分になりましたよ。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

haruhina*

Author:haruhina*
センセーションカラーセラピスト&ティーチャーのはるひなです。

カラーを通じて、自分の心のトビラを自分自身で開いていくための方法を伝えていけたらなと思います。
今よりもっと輝けるように。

~ t o i r o ~
島根県八束郡東出雲町

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。