スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけより大切なもの

友達の家へお邪魔してきました。

子供さんはもう大きくて専門学校生と高校二年生の男の子。
春休みが始まってるらしく、お昼過ぎに起きてきた弟くん。


「こんにちわー」
ちょっぴり照れながら寝癖を手ぐしで直しつつ、母親と私の座るこたつに一緒に座る。
そして一緒に井戸端会議。


いやいや
弟くんの可愛さには「可愛い」を連発せずにはいられなかったけど、高校生男子が親と親の友達と話すこの光景が信じられない。
私たちのその頃は、親とは距離を置きたいと思ってるくらいだったと思うのに。

しかも普通に私とも世間話をしてくれるし、柔らかいし優しいし。

はぁ~。
どうやったらこんな物腰の柔らかい子に育つのかしら?
しかも頭がよく要領も良さそう。
しかも可愛い。


しばし親子を観察(笑)していると、基本的な声かけもしっかりできてる。
「ありがとう」「ごめんね」を互いに言い合ってる。

なるほどね~。


あと、あまり煩くしつけなかったとか。
あと、すごく可愛がったんだって。

なるほどね~。



メモメモ



実際に先輩ママの様子を見ると大変勉強になりますね。

ここ最近「自己肯定感」の話をしてますが、まさにモデル親子を拝見した気がします。


「自己肯定感」
すなわち、自分はここにいるべき人間で、まわりの人は自分の存在を喜んでいる。
自分の存在が家族に幸せをもたらし、そんな自分でいることが嬉しい。
「自分が好き」で存在することへの自信がある。


自己肯定感は、自分を保育してくれる人たちに愛されることで、身につけることのできる感情です。

親として最も重要な使命ではないでしょうか。



頭では分かっていたけど、実際のケースを見させてもらって勉強になりました。


10年後の未来のために、いい出会いだったと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

haruhina*

Author:haruhina*
センセーションカラーセラピスト&ティーチャーのはるひなです。

カラーを通じて、自分の心のトビラを自分自身で開いていくための方法を伝えていけたらなと思います。
今よりもっと輝けるように。

~ t o i r o ~
島根県八束郡東出雲町

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。