スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青信号

前の更新から一週間以上も経ってしまいました。
アップを楽しみにしてるよ、との声に申し訳ないやらありがたいやら。
しかも、体の心配までして頂いて・・・・・


いたって元気ですので。

結局は怠けているということになってしまうのかなぁ。
仕事のない日は学校や保育園の行事があったり、病院に行ったりと、とにかく毎日フル回転。
でも、やっぱり皆と一緒だと思うし、言い訳でしかない。
ついでの言い訳として、夜が起きれない。
眠くてしょうがない。
目の疲れもあって、コンタクトを外すと特に眠くなってしまうようです。

まぁ、そんなことで言い訳してますが、マイペースでいいかなとも思いますので、ごめんなさい。

子どもたちが心身共に健やかに落ち着いてくれているので、私自身も学ぶ意欲が薄れてしまっているのかも、と少し反省もしています。


ということで、子どもに聞かれた色の雑学で、覚えていなかったので、改めて調べたのでご紹介。

『青信号なのに何故緑色なの?』


あぁ、子供の純真無垢な疑問には感動させられちゃいます。

さぁ、何故なのか。


「赤、緑、黄色」は基本的に世界共通の交通規制の色のようです。

日本では昭和五年にはじめて信号機が登場したときには「緑」と読んでいたそうです。
しかし、「青信号」と呼ぶようになり、定着してしまいました。

これには、いくつかの由来があると推測されています。

まず、「緑」と青」 の区別を明確にしない民族であったため。
そして、心理的に「青」のほうが「進む」という指示に向いているから。


日本人が「緑」と「青」を明確にしない民族だなんて思いもしなかったけど、確かに緑の野菜を「青物」と呼びますね。「青果」とか。
これだけでも、へぇって思いますね。


今日はなんとか更新できました(苦笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

haruhina*

Author:haruhina*
センセーションカラーセラピスト&ティーチャーのはるひなです。

カラーを通じて、自分の心のトビラを自分自身で開いていくための方法を伝えていけたらなと思います。
今よりもっと輝けるように。

~ t o i r o ~
島根県八束郡東出雲町

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。