スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の美術館


春休み企画として、先日は弓ヶ浜公園でしたが、今回は魔法の美術館へ行ってきました。

子供が学校からチラシをもらって帰ってきていて、見たときから面白そう!絶対行きたいと思ってました。←私が。

子供は【魔法の】というタイトルが心惹かれたみたいで、前日からウキウキ。←私も

これは光と影、色を使った立体的体感型アート。
光と影とか、色とか、体感型とか美術館とか、もう心惹かれる単語濫用ですよ。
子供にとっても美術というのは退屈なこともあるだろうけど、アートを体感するっていう体験は必ず心に響くと思うんです。

その通り、大喜び。
目をキラキラさせて笑いながら、作品に触れて楽しんで、知らないお友だちと一緒にはしゃいだり。
最高の情操教育環境だと感動しました。

中でも光のボールを使ったパネルボードゲームがあって、それは四隅からボールを転がさないと遊べない。
知らない子供たちと向き合いながらボールを転がし受け取り、また相手に転がす。
中には小学生の高学年のお兄ちゃんやお姉ちゃん、下は2才くらいのちびっこまで居ました。
ルールも何も分からず始めたり前の人のゲームを見ながら、ルールを紐解いていく。
自分ばかりではなく、受け取ったら隣の小さな子に渡してあげたり、コミュニケーションや優しさもしっかりと見れました。

親バカながら感動したのが、我が子の優しさ。
兄は弟に譲ってあげたり、弟は隣の小さな子に譲ってあげる。
沢山の大人の目、子供の目にどんな風に温かくうつったんだろうかと。
小さな子のお父さんに、はるちゃんは頭を撫でられていました。

私と旦那は遠くから、そんな姿を見守りながら誇らしかったのは言うまでもありません。


しっかり私も旦那も、勿論子供たちも楽しみました♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

haruhina*

Author:haruhina*
センセーションカラーセラピスト&ティーチャーのはるひなです。

カラーを通じて、自分の心のトビラを自分自身で開いていくための方法を伝えていけたらなと思います。
今よりもっと輝けるように。

~ t o i r o ~
島根県八束郡東出雲町

RSSリンクの表示
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。